なれんのか!? かなっぷのAAフライト。


第28話『バレルのことを考える(前編)』の巻


『Bacchus(バッカス)』に始まったS4×BAT DARTSのコラボ企画を進めていく中で、バレルのデザインについて真剣に考える機会が、以前よりもずっと増えた。

ダーツショップのスタッフとしては至極真っ当なことである。

真っ当なことをやらずして今まで何をしておったのだ、と問いつめられると困るので、その件についてはもう触れない。

今、ダーツのバレルについて分類していくと、下記のようになる。
あくまでも私見的な分類ですが。


1:そのデザインだけで注目を集めてしまうバレル。

少し前まではHarrows Assassinに代表されるトルピード形状のもの、最近ではmonster Rapier のような、くぼみ後ろめ、カット少なめ、のようなバレル。
ある程度太さもあるので握りにくさは感じないのと、デザイン自体の斬新さ、投げてみたいと思わせるようなデザインのバレルが注目を集めている。
くぼみやR(曲線)を使ったデザインのバレルは、それだけでなにやら『売れる感』を匂わす。

トルピード形状のものについて言及すると、市場に出回っている商品の種類が多すぎて、もはや『トルピード形状だから』という理由だけでは注目を集めることはできなくなっている。
有名プレーヤーや有名デザイナーのインプレッションであるとか、パッと目につくような素敵な広告宣伝戦略ありきで考えないと、なかなか人気が出にくいのではないでしょうか。


2:人気はでないけれども、少数派の方に喜ばれるバレル。

ストレートのバレルを愛用してる方はけっこういらっしゃるのだが、日本市場の中の割合が少ないので、たまにストレート系のバレルの新作が出ると非常に喜ばれる。
だからといっても、やはりストレート派は日本のダーツプレイヤー全体の中では少数派なのか、そんなにポコポコ売れていってはくれないのだ。

逆に海外の人々は、ストレート系バレルの愛用者の方がマジョリティに属すると思われる。
一度、あるスペインのプレーヤーが遊びにきた時、こんだけある日本のメーカーには目もくれず「Harrowsの最高峰ダーツ、マグナム(どストレート)はあるかいセニョール」とか言うものだから「お、おたく、なかなかのツウどすなぁ。マグナムは……今、ちょうど、さっきちょうど品切れましてん、えろうすんまへんすんまへん」と平身低頭平謝りであった。
それからは売れようが売れまいが店頭にマグナムを必ず置くようになった。
何せ最高峰ダーツでタングステンも97%ですから。

ここの分類にはS4のLokiBASARAの陽炎&不知火、unicornのDUMDUMといった超ショートバレルも含まれると思われます。


3:プロのプレーヤーが実際に使用しているバレル。

日本のプロの試合が手軽に視聴出来るようになったせいか、ごく最近はトーナメントで活躍したプレーヤーのモデルに人気が集まっている。
勿論、まず形状ありきなのだが、宣伝広告の観点からいうと抜群の効果を発揮する。
アニー選手のOGREやOGRE-2、村松治樹選手のRapierなんかは鉄板。
理由は言わずもがな、です。

他には星野選手のSTAR LIGHTシリーズやんまー選手のGOMEZシリーズ、同じTRINIDADからだと女子ではMIHO選手のOscarやMEG選手のZamoraもすごい人気だな、という実感。

逆に、海外メーカー所属の海外プレーヤーへの食いつきが悪い……。
特に最近始めたばかりの方は、海外ブレーヤーモデルをまず選ばない。
有名プレーヤーだらけで昔は日本国内でも隆盛を誇ったunicornですら、最近は勢いがずんずん落ちている始末。
そしてunicorn社自体がソフトダーツの商品展開縮小。
ジョン・パートが離れ、エイドリアン・ルイスが離れ、どうなってしまうのか心配です。
ま、王様がいるから平気か。


4:箸にも棒にも掛からない微妙なデザインのバレル

これは海外のノーブランドバレルに多いのですが、「なぜそこをくぼますか!?」ってとこをくぼませてあったり、「これ、ほとんど棒じゃね?」ってのがあったり、「このカット意味ある?」ってのがあったり。
悪くはないんだけど、特別良くもない、という。
BAT DARTSを隅々まで探索すると、こういうのが結構あります。


と、以上のようなことを踏まえまして。
じゃあ実際にバレルを作るとしたなら、今どんなのを? というお話なんです。

長くなったので、それはまた次の回に……。

続く……


現在のレーティング:9.23(DARTS LIVE)BBフライト
apollo-sample.JPG



WEB SHOP Batdarts Yahoo!店


バットダーツtwitterツイッター


かなっぷAAフライトへの道


バットバー


湾岸ダーツトーナメント


9darts.tv内バットダーツ専用ページ