エピソード89『苦節6年目の光』

「練習すれば、誰でもAフラになれる」と上手い人たちは言う。

その言葉を信じていたけれど、なかなか上達せず「だめだこりゃ」と半ばあきらめた。

やっぱ、ものを投げることって、その人が生まれ持ったなにかの才能、たとえば運動神経であったり、が備わってないとうまくいかないもんなんだ。

そのうち「始めて三カ月でAフラになりました」って若者もバンバン出てくる。

てやんでい、才能のない自分のような平民は、美味い酒を呑みつ、おふざけ罰ゲームつきのダーツを投げつ、DVDやyou tubeでダーツの試合を観て、やっぱプロってすげーな、と時間をつぶすしかないんだ。

いつしか「ダーツはツールとして楽しめばいいんじゃん」と割り切ることにしていた。
だって、上達すること、それ以外にも楽しいことはあるから。

仕事の合間にダーツ、デートでダーツ、失恋してもダーツ、旅先でダーツ、トーナメントでダーツ、泥酔してダーツ、ダーツを知らない人とダーツ。

そうやって6年ダーツを続けた。


Aフラになった。

本気で練習していたのは最初の頃だけで、あとは遊びながら。
そんなにガチで練習してなくても、長く続ければ、Aフラになれるのかもしれない。

ただ、Aフラはあくまでも通過点。
次の目標はとりあえずPDCのトーナメントに出場して、ナインダーツ。

嘘。

カウントアップで1000点出そう。


そうやってきっとこれからもダーツを続けるのだ。

The End...


本日の腕前:Rt.10.01 ↑(DARTS LIVE)Aフライト
本日の一言:「さあ、セールしましょう」
a-flight.jpg





WEB SHOP Batdarts Yahoo!店


バットダーツtwitterツイッター


かなっぷAAフライトへの道


バットバー


湾岸ダーツトーナメント


9darts.tv内バットダーツ専用ページ