なれんのか!? かなっぷのAAフライト。


第43話『Tリーガー、よく寝る』の巻

以前、SSL(渋谷ソフトダーツリーグの略だと思う)というリーグがありました。
そして渋谷の大会には『集』というのもあります。
それに関連してSSLは、今季より『集』リーグと相成ったわけです。

サッカーのJリーグの選手をJリーガーと呼ぶなら、TSUDOIリーグに出場してる我々はTリーガーと呼ばれて差支えない、ちゅうわけです。

じゃTDO(東京ダーツオーガニゼーション?)やTDA(東京ダーツアソシエーション)のリーグに出ている人たちもTリーガーじゃねえか、という突っ込みもあるかとは思いますが、J2やJFLの選手もJリーガーなら、もうみんなTリーガーでいいと思うよ。

さて、そうやって今季からすでに4週ほど渋谷『集』リーグの試合に出さしてもらっていました。

個人的に勝つことはできても、チームが勝てない状況が続いていたので、今まではあまり喜べなかったのですが(ホームラン打ったけどチームが負けた時のプロ野球選手のコメントみたいだな)、昨日は個人的にもここぞという場面で活躍し、チームも快勝。

喜びたいと思います、いえーいいえーい。

ま、勝っても負けても祝杯あげすぎて、毎週へべれけの帰り道。
そういうのもまた一つの楽しみ方ですよ、度を過ぎなければ。

とかいいながら、昨日は飲むだけ飲んですっかりお金払うの忘れてましたけどね。
最近みんなに奢ってもらうので、ついたあだ名はミスター無銭飲食。
すみません、次週多めに払います。

そして帰りが車になると、ほとんど寝てしまうのですが、みっちーさんに必ず写真撮られます。
その写真をちまちまフェイスブックにアップしているのです、彼は。
彼のフェイスブックのページは、僕の写真だらけです。

どういうことでしょう。
何が面白いのでしょう。
そして、たまに『イイネ!』押してる人がいます。
そして、みっちーさんじゃない人も僕の写真をアップするようになりました。
流行らせないでください。

顔出しNGなんですから。
とかいいながら、ソフトダーツバイブルにガッツリ出ちゃったけど。
ドスグラモスの人みたいに、マスク(エル・サムライのがいい)を被って過ごしたい今日この頃です。

つづく……


現在のレーティング:8.55(DARTS LIVE)BBフライト


第42話『やめますか、やめませんか』の巻


この『なれんのか!? かなっぷのAAフライト』どうしますか。

急に、やめますか、やめませんか、みたいな話の流れになった。

AAフライトへ到達せずいきなりやめちゃうのも気持ち悪いので、せめてAAフライトになるまで続けます、という意気込みで、どうやら近くBAT DARTS のホームページの方へお引越しすることになりそうです。

練習してんだかしてないんだか微妙なラインでしたが、Aフライトはなんとか到達できました。
しかしAAフライトへの到達には、きっちり練習することが必要不可欠です。

そういう考えもあって、週に一度、渋谷のソフトダーツのリーグに参戦したところ、きっちり週に一度(もしくは二度)しかダーツしなくなっちゃってビックリです。
ま、調子は悪くないんですが。

ところで先日、このリーグに参戦して、改めて気づかされたことがあります。

ダーツする人って喫煙率、高いよな、と。

試合中、周囲の皆さんがスパスパスパスパ吸っているのを目の当たりにして、おい、うらやましーかぎりじゃねーか、ぐおー、俺もすいてーぜ、もーれつに、今、と。

唐突ですがワタクシ2月から禁煙をはじめました。

実はこの度、妊娠しちゃいまして、てのは嘘ですが。
ニコチン依存によるダーツへの影響を検証するという理由です(これも半ば嘘です)。

常習化して約20年、そこまでヘビースモーカーでもチェーンスモーカーでもないですが、なかなかやめられずにいました。
それを突然バッサリ、2月1日から。

よく、吸いたくなったら『10分たってまだ吸いたかったら、その時に吸えばいい』と思え、みたいな禁煙のやり方ってあるじゃないですか。
そんな甘っちょろいやり方ではやはりダメで、今まで何度となく禁煙に失敗してきました。

それが今回は、スパッと断って一週間近く経ちますが、いい感じです。
吸いたくなったら『それはまやかしです。吸いたくありません』と断固拒否の構え。

渥美清が柴又の帝釈天で「タバコやめるから仕事ちょうだい」ってお願いしたら『男はつらいよ』の主演が決まった、なんてエピソードがあるじゃないですか。
ホントかウソかわからないですが。

この際だから、ワタクシもタバコと引き換えの何かを神頼みしてみようか、と。

そう思い立ったので、昨日は『明治神宮』へ行ってきました。
渥美清の話はなんだったんだよ、柴又帝釈天じゃねえのかよ、って話ね。

いちおう初詣だからさ、ほら。

しかしね、タバコやめますんで『ダーツ上達させてください』とか『仕事ください』とかはお願いできなかった。
ぼくにとっては、もっと大事なことがあったんです、たぶん。
この局面で『ダーツの上達』をお願いできる人が、将来のワールドチャンピオンですよ。

帰りしな、おみくじを引いたら、心にはいつもゆとりを持ちましょう、みたいなことが書いてあった。
いつも大体ゆとりだらけだと思うんだけどなあ、俺の心。

つづく……


現在のレーティング:9.06 (DARTS LIVE)BBフライト


第41話『かなっぷさんの恋愛相談室』の巻


先日、ニシコリ選手のテニスの試合を観た。
ゴルフと一緒でルールとかは知っているけど、そこまで興味をそそられず、だったのですが、いざ観てみると、ものすごく面白かった。

そういえば、BAT DARTSにせっせと日参するコテツ君。
彼が過去テニス少年であったことを思い出し「テニス観たら面白かったよ」と彼に話を振った。

すると、どうだろう。
コテツ君がグイッと喰いついた。

よくまあ喋ること喋ること。

ダーツと同じだ。
テニスも大好きなんだ、この人、とコテツ君の違う一面を見れて、なんだか楽しかった。

たとえば、コテツ君が好きな女の子を口説いてるトコとか。
今度は、そういう素敵な一面も見てみたい。

よろしくおねがいします、コテツ君。

と、まあこのように、ダーツと関係ない話を店頭でするのが大好きです。
仕事しろ、ダーツ売れ、って叱られちゃいそうですが。


こないだは、BAT DARTSにたむろする若人たちに質問された。

「どうやったら彼女ができるんですかね」

「そんなもん、こっちが知りてーわ」と喉元まで出かかったが。

悩める若人たちのために不肖ワタクシ一肌脱ぎました。

まず、BAT DARTSで延々とダーツの練習をしていても、彼女はできないのである。
できたとしても、可能性は0.0001%くらいのもんである。
できたら奇跡である。

書を捨てよ、町へ出よう、って言うじゃない。
寺山修司、シットルケ?

知らない? 
誰ソレ?

あ、そう。
ま、いいわ。

とにかく、バーへ行きなさい。
バーじゃなくてもいい。
とにかく出会いのあるところでいいから。
出会いさえあれば、可能性がぐっとあがって0.001%くらいにはなるから。

え、酒飲めない?
そして、お金がない?

知るか!

じゃ、バイトはどうだ?
働け、そして職場で出会え。
お金も入るし一石二鳥じゃないか。

バイト先の女の子は……、じゃないっ!
選り好みすんなっ。

そうだ、君たちダーツが好きなんだから、サークルを作って勧誘しなさい。
ダーツを利用して女の子と出会う。
ダーツの普及活動もできて最高じゃないか。

え?
すでに作ったが失敗した?
みんなダーツに興味なくなって活動休止中?

ったく、もう……。

あきらめるな。
彼女をつくる手練手管なぞ、いくらでもあるのだ。

がんばれ!!


と、「どうやったら彼女ができるんですか」の回答が最終的に「がんばれ」って……。

みんな落ち込みながら帰って行ったけど、まあ、きっと今頃がんばっていることでしょう。

つづく……


現在のレーティング:8.65(DARTS LIVE)BBフライト


第40話『燃えよドラコン』の巻


ホアチョーッ!

ブルースリーもジャッキーチェンもサモハンキンポーもジェットリーもコンリーもチェンカイコーもチャンイーモウもジャンウェンもトニージャーもマギーQも、みんな大好き。
どうも、最近映画ネタ多いですが家で映画ばっか観ているからです、かなっぷです。

現実逃避、ホアチョーッ!!

さて、普段、ゴルフってまったく興味ないんですが。
先日、ドラコンの日本一を決める大会、みたいな番組を観始めちゃったらとまらなくなりました。

ドラコンとは、ドライビングコンテスト? の略でドライバーの飛距離を競う競技です。

遠くに飛ばせば勝ち(測定エリア内)、というシンプルな競技性に加え、通常のツアーで使うクラブではなく、ドラコン用にセッティングされたクラブを使う、という点が、非常に面白いなあ、と思ってついつい出かける前に観続けてしまったのです。

シャフトを長くして、スウィング時に大き目の弧を描くことにより、ヘッドスピードが上がり、打ち出すボールの初速が増し、遠くへ飛ぶ。

セッティングの説明を聞いたら、なんかダーツみてえだな、と。
もちろん、道具を使うスポーツには必ずついて回ることなんだろうけれども。

しかし、飛距離を出すためにはセッティング云々もそうだけど、正確なインパクトが必要で、ミスショットすればいくらプロであろうとボールは思うように飛んで行ってはくれない。

石川遼くんのようなツアープロでも、遠くに飛ばさないと勝てない。
そして、ドラコンのためにトレーニングを重ねているプロもいたりして、その辺りのドラマ性も、非常にそそられる内容。

結局、1位が404ヤードで二人並び、サドンデスに突入した。

これがまた面白かった。
コースの都合上、距離を出そうとすると、測定エリアの外でOBになっちゃう可能性が大きくなる。

でも、双方バンバンOBの応酬。

ボールをコントロールして測定エリア内に入れちゃえば勝てる局面でも、最大飛距離を目指す。
男気ですわ。

そうやって、おもろいおもろいと観続けていたら、新年のご挨拶会に遅刻した。
あけましておめでとうございますみません。

ダーツも、違う観点からの競技があってもいいんじゃないかと思います。

ドラコンみたいに飛距離のみを競うとかね。
そしたらプロとそこそこいい勝負ができそうな気がするんですけど。

カードネーム変更マッチとかテキーラマッチとか。
罰ゲーム的なノリの遊びも面白いんですけどね。

この間は、フライト変更マッチで負けました。

強制的にMAMOフライト。

なんでやねん!!
いやじゃーいやじゃー(MAMOさんスミマセン)。

「フライトがボロボロになるくらい消耗したら取り替えていいよ」って、あんまグルーピングしないのでなかなか消耗しませんから!!

つづく……


現在のレーティング:8.76(DARTS LIVE)BBフライト


第39話『好きになれ、トコトン好きになれ』の巻


2012年が始まりました。

あけましておめでとうございます。
本年もご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。

さてさて年末年始の休みは、地上波放送のなかった格闘技をネット視聴してみたり、キーボード的なものをカタカタいわしてみたり、終始パソコンと向き合い、さらに自分とはいったい何者なのか、己と向き合いしていたボクですが、なかなかに興味深い番組を見つけたのでご紹介しようかと。

『内村さまぁ〜ず』

1月1日に配信された番組(※無料配信は1月15日まで)の中で、狩野英孝が2012年の目標を他人に決めてもらうという企画があり、さまぁ〜ずの三村サンが『笑いをもっと好きになれ』という目標というか説教というかとにかく『好きになれ』ということを語る。

お笑いの番組を観る、落語を聴く、人を笑わせるための手練手管を常に貪欲に学ぶ姿勢は、好きにならなければできないことである、と。

観てもない、聴いてもない、で気分転換に、ま、関係のない音楽でも聴くか、見た目のことを気にしてみようか、というような若手が多過ぎる、と三村サンは嘆いているのである。

これ、何事にも当てはまると思うのですよ。

プロダーツ選手を目指すのであれば、日夜アレンジのことを考える、とか、休日は映画を観るんじゃなくて人の試合を観に行ったりする、とか、強い人との対戦を求めてあちこち徘徊する、なんてことが、苦痛じゃなくできちゃうくらいダーツを好きになれ、と。

もっと言うと、好きになれ、ではまだアマくて、恋をしろ、ってことじゃないかと。

ヒトタビ恋をすると、もうそのことしか頭になくなって(自分だけかもしれませんが)自身の生活が振り回されるくらい傾倒しちゃう。

ええい、あとは野となれ山となれ、ダーツLOVE、的な。

よく考えると、そこまでいっちゃうとだめだな。
いろいろ破綻を来して逆によくない気がする。

ま、適度に。

適度に好きになったほうが、そりゃ上達もしまっせ、というお話でした。

そんな私は今ボルダリングとその他いろいろに夢中なう。
新年、まだダーツを投げておりません。

ダメだな。

つづく……


現在のレーティング:8.22(DARTS LIVE)BBフライト



 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

WEB SHOP Batdarts Yahoo!店


バットダーツtwitterツイッター


かなっぷAAフライトへの道


バットバー


湾岸ダーツトーナメント


9darts.tv内バットダーツ専用ページ