なれんのか!? かなっぷのAAフライト。


第40話『燃えよドラコン』の巻


ホアチョーッ!

ブルースリーもジャッキーチェンもサモハンキンポーもジェットリーもコンリーもチェンカイコーもチャンイーモウもジャンウェンもトニージャーもマギーQも、みんな大好き。
どうも、最近映画ネタ多いですが家で映画ばっか観ているからです、かなっぷです。

現実逃避、ホアチョーッ!!

さて、普段、ゴルフってまったく興味ないんですが。
先日、ドラコンの日本一を決める大会、みたいな番組を観始めちゃったらとまらなくなりました。

ドラコンとは、ドライビングコンテスト? の略でドライバーの飛距離を競う競技です。

遠くに飛ばせば勝ち(測定エリア内)、というシンプルな競技性に加え、通常のツアーで使うクラブではなく、ドラコン用にセッティングされたクラブを使う、という点が、非常に面白いなあ、と思ってついつい出かける前に観続けてしまったのです。

シャフトを長くして、スウィング時に大き目の弧を描くことにより、ヘッドスピードが上がり、打ち出すボールの初速が増し、遠くへ飛ぶ。

セッティングの説明を聞いたら、なんかダーツみてえだな、と。
もちろん、道具を使うスポーツには必ずついて回ることなんだろうけれども。

しかし、飛距離を出すためにはセッティング云々もそうだけど、正確なインパクトが必要で、ミスショットすればいくらプロであろうとボールは思うように飛んで行ってはくれない。

石川遼くんのようなツアープロでも、遠くに飛ばさないと勝てない。
そして、ドラコンのためにトレーニングを重ねているプロもいたりして、その辺りのドラマ性も、非常にそそられる内容。

結局、1位が404ヤードで二人並び、サドンデスに突入した。

これがまた面白かった。
コースの都合上、距離を出そうとすると、測定エリアの外でOBになっちゃう可能性が大きくなる。

でも、双方バンバンOBの応酬。

ボールをコントロールして測定エリア内に入れちゃえば勝てる局面でも、最大飛距離を目指す。
男気ですわ。

そうやって、おもろいおもろいと観続けていたら、新年のご挨拶会に遅刻した。
あけましておめでとうございますみません。

ダーツも、違う観点からの競技があってもいいんじゃないかと思います。

ドラコンみたいに飛距離のみを競うとかね。
そしたらプロとそこそこいい勝負ができそうな気がするんですけど。

カードネーム変更マッチとかテキーラマッチとか。
罰ゲーム的なノリの遊びも面白いんですけどね。

この間は、フライト変更マッチで負けました。

強制的にMAMOフライト。

なんでやねん!!
いやじゃーいやじゃー(MAMOさんスミマセン)。

「フライトがボロボロになるくらい消耗したら取り替えていいよ」って、あんまグルーピングしないのでなかなか消耗しませんから!!

つづく……


現在のレーティング:8.76(DARTS LIVE)BBフライト




WEB SHOP Batdarts Yahoo!店


バットダーツtwitterツイッター


かなっぷAAフライトへの道


バットバー


湾岸ダーツトーナメント


9darts.tv内バットダーツ専用ページ