なれんのか!? かなっぷのAAフライト。


第8話『寄る年波』の巻


過日、Aフラの壁を再び超えた。
クリケでスタッツ8をうつなどし、レーティングは10.3まで上がり、11が見えてきた。
ついにAフラのキープが成功したかに思えた。

が、その翌日は散々であった。
腕、ひいては身体全体が重く、まったく狙えていなかった。
ブルを狙って3のトリプルに入るなんてことが度々起こった。
ダメだこりゃ。

かくして、レーティングは元の木阿弥、9へ落ち着いた。

こうも調子に波があるのは、日々投げ続けたせいにあるとみた。

すなわち、連日連夜投げ続けたおかげで、疲労が蓄積していったのではないかと。
おまけに、深夜しか投げる時間がないものだから、睡眠不足も加わり、その疲労を回復させることができなかった。

ぴんぴんの若者ならまだしも、世のスポーツ選手なら引退を考えてもおかしくない年頃である。
おっさんと呼ばれて差し支えない年頃である。
何の考えもなしにただ投げ続けるなど、無茶だったのかもしれない。

そこで、今後ダーツを投げるにあたって、下記のプロセスは欠かさないことにしようと決めた。

これは実際に試してみて、効果のあったものばかりである。


<1.投げる前は入念なストレッチ>

可動域を広げ、力を抜くために、ストレッチを行います。
フォームがガチガチで力入りがちの人には特に効果的なことウケアイ。
なんでダーツバーで柔軟しとるんや、という好奇の目にさらされること必至ですが、できれば30分近く時間をかけたい。
股関節の柔軟も効果あります。


<2.投げる前に眼球の体操>

受け売りですが、瞬間的に視力を上げる体操があるらしく、その方法を。
まず、ギュッと力いっぱい目をつぶる。
次に、目を開けたら限界突破するくらいまで眼球を上に動かす。
再び、目をギュッと閉じる。
再び、目を開けたら限界突破するくらいまで眼球を下に動かす。
またギュッと閉じる。
これを上下左右繰り返す。
これだけで瞬間的に視力がアップするとききましたが、なるほど本当でした。


<3.毎日投げない>

だらだらと投げ込むのも、それだけで疲労に繋がるのでよくない。
短時間でも、集中型練習を。
一週間のうち一日はダーツを休み、疲労をしっかり抜く。
スポーツサプリメントなどで疲労回復を補助するのもいいかもしれません。


<4.いちいち落ち込まない>

呑み会(合コン的な)での人気がダントツぶっちぎりの最下位だったり、その後、やけのやんぱちで泥酔したり、走る自転車の荷台に飛び乗ろうとして失敗、膝を負傷したり、得てして人の人生には落ち込む要素が多々存在し、気分がふさぎがちであればダーツも飛ばない。

忘れちまおう。
無になろう。

心の乱れはダーツの乱れ。

けれども膝は痛い。
痛いものは痛い、のであった。

続く……


現在のレーティング:9.84(DARTS LIVE)BBフライト
aa-08.JPG





WEB SHOP Batdarts Yahoo!店


バットダーツtwitterツイッター


かなっぷAAフライトへの道


バットバー


湾岸ダーツトーナメント


9darts.tv内バットダーツ専用ページ