なれんのか!? かなっぷのAAフライト。


第18話『自分にできること』の巻

3月11日、鶴見事務所で作業中、地震が起きた。
そのまま帰宅困難者となり、停電した鶴見事務所で6時間。
電気が復旧してからも3時間ほど待機。
深夜になり、運良く別事業部のスギえもんが助けにきてくれた。

こういう時、ダーツショップというのは役に立たないことがわかった。
フライトが食料になるわけではないし、バレルが照明代わりになるわけでもなし。
火事場ドロボウに襲撃された時、ダーツを犯人めがけて「てい」と投げつけたところでヘタクソだから狙い通り飛んでいかない。
ああもうダーツの役立たず。
ダーツのどこが素晴らしいってんだ、まったく。

その後は、報道で地震の詳細を知り、自分にできることは何かと考える日々。
現地に赴いて救助作業なんてのは、きっと足手まといになるだけであろうし、できることといえば、募金か節電か、くらいのものである。

そう思って、むしろ義援金を送られたいくらいの財布の中身とにらめっこしながらBAT DARTS店頭に設置した義援金募金箱に小銭を投入。
是非これで立派なビルの一つでも建てていただきたい、が、たかだか数百円では土台無理な話だというのもわかっている。
なんか虚しい。

しからば、とBAT DARTSでの節電に取り組んでみる。
だが、そもそもBAT DARTSの営業については懐疑的な思いだった。
こんな時にダーツを楽しめる人がいるんだろうか、とか、エレクトリックダーツのパーツを売る、ということは電力の消費を奨励していることに繋がるし、とか、営業しないことが一番の節電じゃないか、とか。
お前が言うな、ってことではあるんだけど。
数日を経て、BATへやってくるお客さんたちは後をたたず、ダーツが必要とされているのは間違いない、と思えるようになってきた。
こんな時だからこそのダーツなんじゃないか、と。

店内の照明を極力落とし、エアコンを切り、ダーツマシンも使用しない時はスイッチOFF。

今、結局のところ、それくらいしかぼくにできることはない。
あとはいつものようにダーツを売ったり雑文駄文の類を書いたりするだけである。
世の中の人々に比べ、なんと微々たることか。

肝心のダーツの腕前はといえば、まったく投げていないので上達するわけもなく。

続く……


現在のレーティング:8.43(DARTS LIVE)BBフライト
aa18.jpg





WEB SHOP Batdarts Yahoo!店


バットダーツtwitterツイッター


かなっぷAAフライトへの道


バットバー


湾岸ダーツトーナメント


9darts.tv内バットダーツ専用ページ